TOKYO 声誕祭 in Adachi CMグランプリ結果発表!

お待たせしました!
ついにCMグランプリの結果発表の日がやってまいりました。
結果発表するにあたってCwaveでは特別番組を放送しました。
映像と共にグランプリ結果をお楽しみください!

CMグランプリの結果発表はこちらから

TOKYO 声誕祭 in Adachi CMグランプリ中間発表&お礼

『 TOKYO声誕祭in Adachi 』が無事終了いたしました。
自らが声を発することで、人と人がリアルに繋がり、新しい扉(可能性)を開くイベントにしようと企画しました。
多くのボランティアや出演者、協賛してくださった皆様がいたからこそ実現することができました。
本当にありがとうございます。
イベントは単発の催し物でもなく、終わりでもなく、これから始まるキックオフイベントです。
東北を感じていただき、東北と足立区・センジュが繋がる懸け橋となれるようこれからまた日々楽しんでいきたいと思います。
イベントにかかわってくださった皆様ありがとうございました。

そして、白熱したCMグランプリは現在投票集計中でございます。
劇場で上映されなかった作品も今一度ご覧になってグランプリの結果をお待ちください。
よろしくお願い致します。

足立区部門
東北部門
Cwave部門

TOKYO 声誕祭 in Adachiってなんですか?

『 TOKYO声誕祭in Adachi 』は、インターネット放送局Cwave(シーウェイブ)の開局3周年を機に企画され、Cwaveとクリエイティブ(Creative)の力を通して人と人が繋がっていくためのイベントです。

「足立経済新聞」に特集記事「声誕祭」

2016年6月20日、「足立経済新聞」に声誕祭イベントの記事が掲載されました!
北千住で「TOKYO 声誕祭」 東北の「ヒト・コト・モノ」紹介

「東武よみうり」新聞に特集記事「声誕祭」

2016年6月14日、「東武よみうり」新聞に声誕祭イベントの記事が掲載されました!

【追記】東武よみうりウェブ版にも掲載されました。

2016年6月14日、東武よみうり新聞記事掲載
※クリックすると記事が拡大されます

「足立朝日」新聞に特集記事「声誕祭」

2016年6月5日、「足立朝日」新聞に声誕祭イベントの記事が掲載されました!

発行部数は8万5000部。※ホームページ調べ
もっともっと多くの人にこの地域活性化イベントを知っていただきたいという働きに興味をしめしていただきました「足立朝日」さん、この場を借りて御礼を申し上げます。
※足立朝日は、足立区内で配達されている朝日新聞全紙と日経、東京、産経の一部に折りこんでお届けしています。

千住でクロス C-Studio 特集「TOKYO 声誕祭 in Adachi」編

千住でクロス C-Studioで「TOKYO 声誕祭inAdachi」の特集番組が放送されました。
Cwave局長、編成局長、声誕祭の実行委員、学生のみなさまがゲストとして登場。
そして、なんと第二部を飾る「白崎映美&東北6県ろ〜るショー!!」の「白崎映美」さんと「小峰公子」さんもスペシャルゲストとして出演!
東北にはどんな思いがあるのか、「白崎映美&東北6県ろ〜るショー!!」ってどんな祭りなのか、「TOKYO 声誕祭inAdachi」とはなんなのか、その魅力をたっぷりと語っています。

2016年6月7日放送分

東北6県ろ〜るショー、チケット購入

Cwave特番「TOKYO 声誕祭 in Adachi」開催宣言!

Cwave放送局3周年記念イベント、「TOKYO 声誕祭 in Adachi」が6月25日開催いたします。
これを記念致しましてCwave放送局で特別番組が放送されました。

2016年5月15日放送分

足立・千住からクリエイティブの力で世界に発信!CMグランプリ

「あなたが発信したい声=メッセージ」を映像として表現していただき、創造性と表現力を競うコンテストです。その発信した「映像=声」で共感した人と繋がり、新たな扉が開かれる(誕生)ことを願っています。

東北物産展と東北人(まづらわぬ民)のサウンドを千住に響かせるライブイベント

江戸時代から千住は東北と江戸とを繋ぐ交通の要所でした。また、Cwave開局のきっかけが東日本大震災だったことから、震災から5年のこの機に今の「東北」を皆様に届けるためのイベントです。

足立・千住で若い力が繋がる

足立・千住にかかわる大学生がイベントの企画・運営を行っています。足立区の未来を考え、積極的に課題発見、課題解決していく仕組みづくりのキックオフイベントとなります。

開催日時

日時:2016年6月25日(土)11:00〜20:00
場所:シアター1010 劇場及び講義室2 東京都足立区千住3-92 千住ミルディス1番館10・11階

スケジュール

第1会場 11F 劇場 ※入場には「一部・二部共通チケット」が必要です。

15:15 開場
16:00 第一部 CwaveCMグランプリ
17:40 休憩&東北物産展(劇場ロビー)
18:00 第二部 白崎映美&東北6県ろ〜るショー!! 『Cwave とまづろわぬ民の叫び』
19:30 終了※時間は若干変更する場合があります。

東北6県ろ〜るショー、チケット購入

第2会場 10F 講義室2 ※無料でどなたでもご入場できます。

11:00 東北展示・物産展
15:30 営業終了

「お問合せ先」
住所:〒120-0026 東京都足立区千住旭町41-14 第一ビル6F
電話:03-5284-7107(株式会社 CAN)

支援に関するお願い 募集中

本企画初開催にあたり、運営などはすべてボランティアで行っており、下記、2種類によるご支援を募集しております。ご協力の皆様にはホームページ・当日配布パンフレットなどにお名前を記載させていただきます。

「モノ・お金」による支援

本企画開催にあたり、1口1万円から賛助金を募っております。また、物品提供等も受け付けております。
※収益金が発生した場合、2015年に焼失した青森県八戸市の蕪嶋神社の再建に寄付致しますので、ご 了承ください

時間による支援

事前の運営(広報・動画編集・動画講座開催等)、当日ボランティアスタッフとして関わってくださる方を広く募集しております。

上記、2種類のいずれかにご協力いただける方は下記アドレスまでご連絡ください。皆様の温かいご支援、心よりお待ちしております。

主催 TOKYO声誕祭 in Adachi 実行委員会
共催 インターネット放送局Cwave、足立経済新聞、足立・千住の大学生による地域連携促進委員会、
一般社団法人全国学生連携機構(JASCA)
後援 足立区一般財団法人足立区観光交流協会八戸市
協賛 田村麻美税理士事務所NPO法人 子育てパレット株式会社アイグロース足立朝日新聞NOXAH事務局チンドン芸能社丸勤食販企業組合NPO法人 青森なんぶの達者村和音株式会社 やなぎ衣裳店ミュージカルカンパニーイッツフォーリーズ30代の(仮)株式会社東京円結びそば助 北千住店特定非営利活動法人 東北開懇松伏サポーターズ・ラボ元氣NIPPONプロジェクトGH株式会社心の勉強会 東京・大船渡ゲストハウス・sabai ko sapana株式会社オレンジアーチ一般社団法人 梅酒研究会JOYミュージックスクール
お問合せ先 「株式会社 CAN」
〒120-0026 東京都足立区千住旭町 41-14 第一ビル6F
電話:03-5284-7107
東北6県ろ〜るショー、チケット購入
TOP ▲